2020年9月30日 めだかの池の水を抜きました

池の清掃できれいになっためだかの池

 

4階のビオトープでは、絶滅の危険が増大している種【絶滅危惧Ⅱ類(VU)】に指定されているミナミメダカを保全しています。他にもモツゴやドジョウが生息しています。

夏の気温の高い頃に増えすぎてしまった藻が、水中に滞留し他の水草の成長の妨げになったり魚たちが見えづらくなってきていたので、取り除くためにオープン以来初めて池の水を抜いて大々的に清掃を行ないました。

 

くるぶしほどの水位まで水を抜き網で藻を集めます。

 

池底の砂利を陸側に寄せて水の流れが出るようにしました。

 

ギンヤンマ系のヤゴも生息しています。

 

屋上に人工的に作られたガーデンですが、トンボなどさまざまいきものたちは自然を求めて年々増えてきています。